同人ゲーム制作サークル「Lead.」の公式Webサイト

1st project『君の在り処』発売中

新年あけましておめでとうございます。
2017/01/01 written by SoulAct

Lead.代表 SoulActです。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

去年はいろいろなことがありましたが、無事 君の在り処を頒布することもでき最高の年になりました。今年は何を目標にしようかなぁ……。

次回作などはまだまだ未定です。

 

冬コミ当日のお話致します。

設営は正直、夏コミの方が頑張れたかなぁ……。準備もいろいろ時間かけてできたし。

でもやっぱり、一番の敗因はポスターが来なかったことですよね!

前回のA3ポスターは少し色がくすんでいたため、改めてラミネート込みで印刷手配をしていたんですが、まさかの予定通りに来ないパターンで撃沈しました(´・ω・`)

その図はこちら。

夏コミ(c90)冬コミ(c91)

 

やっぱり負けてる!! ポスターも大きいですが、他ももうちょっとできたかもなぁ。

今回の反省点になりそう。

ちなみに後から来たポスターはこんな感じです。

さすがである。むっちゃ綺麗やんけ!! 発注しなおしたのは間違いじゃなかった!!

そんなこんなで、冬コミも終わりを迎えてしまってそうするとこんな反省点もなかなか悪くなかったりして、何かにチャレンジするってことは常に反省することが付きまとって、だからまた新しい自分たちに出会えるんじゃないかなって。

本当楽しかったです。プロジェクトの進行も、コミケも。

 

さてさて……。

この記事読んでくれてる方は、きっとこんなことを聞きたいじゃねぇ……。

今後のLead.はどうなんだよ!!ってところと、君の在り処って委託ないの?

ここらへんを知りたいんじゃないでしょうか。もしくは、当日実際の売り上げ?

飛ばし飛ばしでこちらもお話致します!

 

Lead.はどうなるか。

→君の在り処次第です。

反省する点はあれど、自分たちは精一杯の想いを形にしました。

これがどのぐらいの方に届くか。自分たちにとってすごく大きいのです。

必要経費 - 売上 こんな当たり前の計算も物凄く大事なのですが、それ以上に大事なこと。

それは次回作への期待値だと思っています。

これは、プレイしてくれた方にレビューをくれ!!って言っているわけではなく、君の在り処について、このキャラクター3人について話したいことが何かしら出来たら……それはきっと心に残ったってことだと思うんですよね。そういうパワーを与えてくれるものになることが目標だったので、それ次第と考えています。

 

君の在り処って委託ないの?

→します。ただ、1月中にできるかどうかわかりません。

この後、少しずつサイトを回ってみたり頂いた書類や名刺を見て回ったりして決めていこうかなぁって思っています。いつ可能になるかは、まだ条件なども全然調べていないのでわからない状況というのが本音です。

決まり次第、発表させて頂きます。

 

最後に当日の売り上げ。

→85本ぐらいです。

あくまで当日ってことですので、この中に友人なども入っております。

実際の数はもっと少ないことになりますね。

それでも私としましては、1500円という少し高めの設定額だったにも関わらず、これだけの人が手に取ってくれてすごく嬉しいです。

私個人の目標は、100本にしていたので少しだけ足りませんでした。

でも、「体験版良かったです」という言葉をくれてリピートしてくれる方が、2割はいたような気がします。本当にうれしい。

体験版を作った時点でも、何かを感じられるゲームになっていたらと思っていたので、そういう意見は本当に嬉しかったです……。

 

ちなみに……全体で見たら黒字赤字?って思う方いるのかな。

ここらへんは、交通費や食費を入れると本当にわからなくなって一般的に省くことが多いと思います。それを省いたとして……初参加で私のところと同じぐらいの規模をやろうとしたらきっと……この設定額でも最低200本以上の売り上げは必要になると思います。

一応、念を押しておきますが、同じ規模です。

音楽,CG,歌もの,背景(有料フリー),設営およびポスター台,イベント参加費,ディスクなどなど

ほかにもあった気がしますが、特に今作はCG枚数も曲数も多いです。

背景に関しては、可能な限りベストを用意したくセットなのに一枚しか使っていないものもありました。(それでもきっと描いてもらうより安いけれど)

今後、同人ゲームを製作したいと思っている方はぜひ参考にしてもらえたらと思っています。金額のことを考えるなら、やっぱり規模の縮小は大事なのかなって思います。

ちなみに私の場合は、今ぐらいの規模がちょうどいいとも思っているのでこの点で反省してません。これにボイスが入ったら……ガクガクブルブルぐらい怯えはありますが、いろいろ余裕が出来たらでも遅くないのかなって今でも思っています。(入れたいけどね!)

想いをふき込むのが声優さんだとしたら、それって読み手にも可能だと思うんです。

文章とは感じ方が何十通りもあります。それは読んでいる人の気持ちで決まります。

声優さんの素敵な声と演技で、感じ方がある程度は固定されるようになる。これは実にわかりやすく素晴らしいことだとも思いますが、もしかしたら読み手の人の中では、こうじゃなかった。僕はこう捉えていたという違いだってあると思うんですよね。

どちらも一長一短です。ちなみにうちのメンバー内には、テキストを読んでいるだけで声優の声が再生される方がいるらしく、これもすごい能力だなって。そうやって、文章から想いや感じ方を得るのかって、素敵だなって思いました。

ちなみに僕の場合は演技派です。シナリオを書いていて、いいなーって思った文章やもうひと押しって思った文章は大体、頭の中ではっきりと読みます。ほぼほぼ自分の声で再生されるのですが、それこそ身振り手振りを加えたりすることもあるぐらいなので、ちょっと気持ち悪いです。

これをうまく伝えるとしたら、かっこいいセリフを真似したくなる中二病ぐらいの話ですかね。本当、こんな年になっても私はまだまだガキですね……。

 

今回もかなり長くなってしまいましたが、聞きたいと思う内容はまとめられたと思います。

委託に関してはすることを決定しましたので、詳細発表までお待ちくださいm(_ _)m

 

そしてここまで読んでくれた方々、ありがとうございます!!

本当、去年はありがとうございました! 今年は何が起きるかまだまだ全然わかりませんが、Lead.だけにとどまらず他のメンバーをどうぞよろしくお願いいたします。

きっと彼らは彼らで何かしらのプロジェクトに参加されていくと思いますので、そこにわたくしSoulActはいませんが、これだけのプロジェクトを成し遂げた彼らなら皆さんを今後も満足させてくれると思います。

 

SoulAct 2017/01/01