同人ゲーム制作サークル「Lead.」の公式Webサイト

1st project『君の在り処』発売中

2018/06/18 written by SoulAct

どうも、お久しぶりです。 代表のSoulActです。

最近気づいたことなのですが、私用で何かを書こうと思った時に大体縦書きを選んでしまいたくなる私なんですが、そんな時いつも思うんです。

SoulAct←この名前。縦書きだっさくね?って……。

前回の日誌では、”君の在り処を振り返って”なるものをPDFで公開しましたが、縦書きだったのでいやはや名前がだっさいだっさい。

書いては消して書いては消して、それこそ平仮名で書いてやろうかと思うぐらいバランスが気に食わなかったです。でも、名前の響きが気に入っているので我慢します。()

と、すっごく長い前置きは置いといて。

想像以上の方に”君の在り処を振り返って”のPDFを読んで頂き、本当に嬉しく思います。感謝の気持ちと喜びを感じております。

せっかく書いたPDFなので、スライドショーでリンクできるようにしようと思ってます。近日公開予定。

 

SoulActは、新企画のシナリオをコツコツ書いております。

そこで私が少しだけ感じている悩みを日記にしたいなって思って、今回こんなタイトルを付けさせて頂きました。

こんな若輩者である私が到底書いていいこととすら思っていませんが、最近このような風に感じてしまうことがございます。

「シナリオってなんなんだろう、ライターって何を目指すんだろう」

相当きもいですね。

それこそ、こんなことを感じるときって大体歯磨きしてるときとか風呂入ってるときなんですよ。

これって潜在意識だと思うのですが、自分って無意識のうちに何か壮大なことを考えてしまうんですよね。

小学生のころに宇宙というものを知って、自分たちの住んでいる地球は闇に包まれているとか知らない誰かに観測されているんじゃないかって、心底恐怖を感じたものです。

きっとそういう中二病の方は私以外にもたくさんいると思いますが、それがこの年になっても治らないところが本当にこじらせてるなっと。

とはいえ、私としてはこんな自分が気に入っているわけでありまして、楽しく毎日中二してます。

また話が飛んじゃいました。

実はここから数千文字にわたる自己分析を繰り広げていたんですが、これ誰が読むんだよって恥ずかしくなりました。

結局何が言いたかったのかまとめると、不安なんじゃないかってこと。

それこそ、周りの人なんて気にせずに自己満足で書けばいいと言われたこともありますが、私はエゴの塊ですよ。

自己満足するために最高の文章を模索しているからこそ、こんな不安や葛藤が行き交うわけですから。

この日誌はある意味で、息抜きとして書いておりました。そういう点ではすごく心がスッキリしています。

セカンドタイトルになって、新しい緊張感を味わうと思いませんでした。

それこそ、緊張するのは初めだけって思ってたんで動揺してるんですよね。

もしかしたらこの緊張は、今後一生あるものなのかもしれません。

これってライターだけじゃなくて、絵や音楽でも言えることですよね。

最終的にクリエイターってなんなんだって言葉で締めてしまいそうになっていますが、この話は今後の課題ということで、今は本当みんなすげーなーって言葉で何となく締めさせてもらいたいと思います。

 

無価値の日誌を書いてしまいました。でもまあ、こういった他愛無いものこそが深層心理に近いと思っています。

本当にくだらない話を書きたい。一日中、どうでもいい話を流していたい。

そうやってくだらない話で一生を終えて、そのくだらないをいつの日か笑える思い出に出来たらなって思うのがきっと私という人間なんだと思う。

だからこそ、こんなくだらないことを平然と日誌に挙げていくことが出来るタフマンでありたい。

恥ずかしい。探さないでください、SoulAct。

2018/06/08 written by SoulAct

皆さんお久しぶりです、代表のSoulActです。

今回はみなみさん主催の同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーに、うちの君の在り処PVを休憩中お邪魔させてもらえるということで、突然ですが君の在り処を振り返ります!

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2017は明日13:00から開催します。

ライブストリーミングもやるみたいですので、現地に行けない方は、ぜひチェック!

本当、みなみさんもMMさんもお優しいのでちょいちょいお話し頂いたりして、何度も嬉しい思いさせて頂いてます。

新企画のエネルギーにもなってます、ありがとうございます。

ちなみに今回のどげざの中で思い入れがあるのは、PinkyEdge様のアオのリグレットです。

コミケに参加させてもらったときに体験版を頂いて、パンフも良く出来ているしすごいなぁって関心してしまって記憶に残っています。

 

さてさて、本題の君の在り処を振り返ってです。

今回は超絶ネタバレ有で君の在り処を振り返ろう!的な日誌であります。

割と真剣に書いててお恥ずかしいところもちらほらあるし、とても長いので申し訳なさ過ぎちゃいますが、懐かしんでもらえたら嬉しいです。

下記リンクにて、PDF公開しております。 まとまってないかもしれません。 

製作者というよりも、1ユーザーとして色々考察したよ!という感じで見てもらえるぐらいがちょうどいいと思います。(読んだよ~って内容でもいいので、ツイッターなどリプorDMくれると枕に頭パンパンしながら喜びます)

君の在り処を振り返って

 

 

ここからは新企画についてです。

「妹シンパシー」

おまけみたいな感じで突然タイトルを紹介しちゃうことになってすみません!

改めて、公式ページには画像なり用意したいなーって思ってます。ロゴは完成近いと思います。

また、うるち君のツイッターにて進捗をちらほら上げてくれるみたいなので、そちらの方が情報早いと思います。

君の在り処はデザインで売れた部分もあるかと思うので、今回も僕たちを唸らせてくれることでしょう。

キャラ原案や、設定なども出来ているのですが、そちらの公開はまだしばらく先の予定です。

スタッフについても、現段階ではうるち君だけを公式公開とさせて頂きます。

原画は、采咲澄さんじゃないです。今回の妹企画は妹にとてもうるさい()素敵な方にお願いしております。

ここはワクワクポイントとしてお楽しみにっ!

公式公開はいろいろ整い次第、させて頂きたいと思います。

 

それでは、本日はこの辺で。

日誌も習慣にしていかないとな~冬コミ参加したいのじゃ~。

2018/01/08 written by SoulAct

皆様、お久しぶりです。 代表のSoulActです。

だいぶご無沙汰しておりました。

旧年では、家庭の事情により私個人の都合で同人活動に力を入れることが出来ませんでした。

現在始動中のプロジェクトにつきましても、精神的な理由から誠に勝手ながらお休みさせて頂いておりました。

その間にも、同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーの発表があったり、君の在り処について意見を述べてくれる方もいらっしゃいました。

本当にありがたくて、一年前の君の在り処発売日をもう何度思い出したか数えきれません。

わざわざ遠方から名刺を渡しに来てくれた方、体験版の感想を伝えに来てくれた方。

差し入れをくれた方に、握手を求めてくれた方。

時には恥らないながらも、応援やお菓子をくれる方もいらっしゃいました。

目の前にいるのは“人なんだ”とただただ感じるばかり。

一年経った今だからこそ、いろいろな見え方をしているのかもしれません。

人付き合いとは、常にメリットやデメリットを考えるものだと思う方もいるかもしれませんが、その笑顔に一寸の曇りもありませんでした。

 

私はまたあの舞台に挑戦したいと思っています。

 

正直、プロジェクト休止によってプロジェクトに対する不安がとても強くなりました。

……でも、Lead.は本当に恵まれております。

メンバーに少しでも応えられるよう頑張ってまいります。

プロジェクト内容の公開も考えておりますので、その際はぜひまたホームページまでお越しください。

 

 

年も明けて、いよいよ新年になりました。

家庭の事情などの精神的な部分も一先ず解決しておりますので、今年は同人活動を精一杯やっていきたいと思っております。

旧年は本当に“気付き”の一年間でした。

今年は“感謝”の一年にしたいと思っています。

これからもどうかLead.をよろしくお願い申し上げます。

 

代表:SoulAct

2017/01/10 written by うるち

 明けましておめでとうございます(年始限定の挨拶)。

 「年が明けたらすぐにでも日誌書くか~」なんてふんわり考えていたものですが、新年の陽気にあてられたのか、ダラダラと食っちゃ寝で過ごしていればもうすでに一週間良い正月だったなあ……(遠い目)。

 

 

 ◆

 

 

 C91お疲れさまでした。Lead.ブースに来ていただいた皆々様、ありがとうございます。『君の在り処』を手にとってくださった参加者の方々はもうすでにプレイしてくださっているのでしょうか。

 修正パッチなど『君の在り処』情報は代表のTwitterで告知しているので要チェック! 感想、誤字脱字指摘、バグ報告などもありましたら気軽にお送りください。(代表が)誠意をもってお応えします。Twitter、またはHP内のお問い合わせフォームからどうぞ!

 

 

 ◆

 

 

 自分達が作ったものを“好きだ”と言ってくれる人がいる、それがこんなに嬉しいことだとは。代表には最大級の感謝を。

2017/01/01 written by SoulAct

Lead.代表 SoulActです。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

去年はいろいろなことがありましたが、無事 君の在り処を頒布することもでき最高の年になりました。今年は何を目標にしようかなぁ……。

次回作などはまだまだ未定です。

 

冬コミ当日のお話致します。

設営は正直、夏コミの方が頑張れたかなぁ……。準備もいろいろ時間かけてできたし。

でもやっぱり、一番の敗因はポスターが来なかったことですよね!

前回のA3ポスターは少し色がくすんでいたため、改めてラミネート込みで印刷手配をしていたんですが、まさかの予定通りに来ないパターンで撃沈しました(´・ω・`)

その図はこちら。

夏コミ(c90)冬コミ(c91)

 

やっぱり負けてる!! ポスターも大きいですが、他ももうちょっとできたかもなぁ。

今回の反省点になりそう。

ちなみに後から来たポスターはこんな感じです。

さすがである。むっちゃ綺麗やんけ!! 発注しなおしたのは間違いじゃなかった!!

そんなこんなで、冬コミも終わりを迎えてしまってそうするとこんな反省点もなかなか悪くなかったりして、何かにチャレンジするってことは常に反省することが付きまとって、だからまた新しい自分たちに出会えるんじゃないかなって。

本当楽しかったです。プロジェクトの進行も、コミケも。

 

さてさて……。

この記事読んでくれてる方は、きっとこんなことを聞きたいじゃねぇ……。

今後のLead.はどうなんだよ!!ってところと、君の在り処って委託ないの?

ここらへんを知りたいんじゃないでしょうか。もしくは、当日実際の売り上げ?

飛ばし飛ばしでこちらもお話致します!

 

Lead.はどうなるか。

→君の在り処次第です。

反省する点はあれど、自分たちは精一杯の想いを形にしました。

これがどのぐらいの方に届くか。自分たちにとってすごく大きいのです。

必要経費 - 売上 こんな当たり前の計算も物凄く大事なのですが、それ以上に大事なこと。

それは次回作への期待値だと思っています。

これは、プレイしてくれた方にレビューをくれ!!って言っているわけではなく、君の在り処について、このキャラクター3人について話したいことが何かしら出来たら……それはきっと心に残ったってことだと思うんですよね。そういうパワーを与えてくれるものになることが目標だったので、それ次第と考えています。

 

君の在り処って委託ないの?

→します。ただ、1月中にできるかどうかわかりません。

この後、少しずつサイトを回ってみたり頂いた書類や名刺を見て回ったりして決めていこうかなぁって思っています。いつ可能になるかは、まだ条件なども全然調べていないのでわからない状況というのが本音です。

決まり次第、発表させて頂きます。

 

最後に当日の売り上げ。

→85本ぐらいです。

あくまで当日ってことですので、この中に友人なども入っております。

実際の数はもっと少ないことになりますね。

それでも私としましては、1500円という少し高めの設定額だったにも関わらず、これだけの人が手に取ってくれてすごく嬉しいです。

私個人の目標は、100本にしていたので少しだけ足りませんでした。

でも、「体験版良かったです」という言葉をくれてリピートしてくれる方が、2割はいたような気がします。本当にうれしい。

体験版を作った時点でも、何かを感じられるゲームになっていたらと思っていたので、そういう意見は本当に嬉しかったです……。

 

ちなみに……全体で見たら黒字赤字?って思う方いるのかな。

ここらへんは、交通費や食費を入れると本当にわからなくなって一般的に省くことが多いと思います。それを省いたとして……初参加で私のところと同じぐらいの規模をやろうとしたらきっと……この設定額でも最低200本以上の売り上げは必要になると思います。

一応、念を押しておきますが、同じ規模です。

音楽,CG,歌もの,背景(有料フリー),設営およびポスター台,イベント参加費,ディスクなどなど

ほかにもあった気がしますが、特に今作はCG枚数も曲数も多いです。

背景に関しては、可能な限りベストを用意したくセットなのに一枚しか使っていないものもありました。(それでもきっと描いてもらうより安いけれど)

今後、同人ゲームを製作したいと思っている方はぜひ参考にしてもらえたらと思っています。金額のことを考えるなら、やっぱり規模の縮小は大事なのかなって思います。

ちなみに私の場合は、今ぐらいの規模がちょうどいいとも思っているのでこの点で反省してません。これにボイスが入ったら……ガクガクブルブルぐらい怯えはありますが、いろいろ余裕が出来たらでも遅くないのかなって今でも思っています。(入れたいけどね!)

想いをふき込むのが声優さんだとしたら、それって読み手にも可能だと思うんです。

文章とは感じ方が何十通りもあります。それは読んでいる人の気持ちで決まります。

声優さんの素敵な声と演技で、感じ方がある程度は固定されるようになる。これは実にわかりやすく素晴らしいことだとも思いますが、もしかしたら読み手の人の中では、こうじゃなかった。僕はこう捉えていたという違いだってあると思うんですよね。

どちらも一長一短です。ちなみにうちのメンバー内には、テキストを読んでいるだけで声優の声が再生される方がいるらしく、これもすごい能力だなって。そうやって、文章から想いや感じ方を得るのかって、素敵だなって思いました。

ちなみに僕の場合は演技派です。シナリオを書いていて、いいなーって思った文章やもうひと押しって思った文章は大体、頭の中ではっきりと読みます。ほぼほぼ自分の声で再生されるのですが、それこそ身振り手振りを加えたりすることもあるぐらいなので、ちょっと気持ち悪いです。

これをうまく伝えるとしたら、かっこいいセリフを真似したくなる中二病ぐらいの話ですかね。本当、こんな年になっても私はまだまだガキですね……。

 

今回もかなり長くなってしまいましたが、聞きたいと思う内容はまとめられたと思います。

委託に関してはすることを決定しましたので、詳細発表までお待ちくださいm(_ _)m

 

そしてここまで読んでくれた方々、ありがとうございます!!

本当、去年はありがとうございました! 今年は何が起きるかまだまだ全然わかりませんが、Lead.だけにとどまらず他のメンバーをどうぞよろしくお願いいたします。

きっと彼らは彼らで何かしらのプロジェクトに参加されていくと思いますので、そこにわたくしSoulActはいませんが、これだけのプロジェクトを成し遂げた彼らなら皆さんを今後も満足させてくれると思います。

 

SoulAct 2017/01/01

 

1 / 712345...Last »